みさこう日記

2021年3月の記事一覧

離任式

桜が咲き快晴に恵まれた今日、3名の先生方が三崎高校を去ります。

 

川本校長 三崎にもたらしたジャイアントインパクト

1年間の在籍でしたが、新型コロナウイルス感染症の対応等で大変な状況の中、三崎高校の発展のために尽力していただきました。

 

平家先生 皆に愛されるマジックソルト

生徒に「学生の本分は勉強である」ことを教え、3年間通して数学の魅力を伝えてくださいました。

 

岩井さん 淡々と仕事をこなすもはや三崎のティーチャー

8月からの勤務で、私たちが安心して学校生活が送れるように、給食の準備・片付けや消毒などの作業をしていただきました。

 

卒業した3年生も来てくれました。

これまで三崎高校で勤務された3名の先生方に感謝。

さよならはまた会うための合言葉

終業式が行われました

令和2年度三崎高等学校第3学期終業式が行われました。

 

 

 

 

 

 令和2年度は多くの新入生を迎えスタートすることができましたが、

新型コロナウイルス感染症の影響で我慢を強いられるとともに、

新しい学校生活の在り方を模索する1年となりました。

このような状況で1年間よく頑張った生徒の皆さんと、

三崎高校に関わっていただいた多くの皆様に感謝したいと思います。

それでは来年度に向けてご唱和お願いします。

「みさこう さいこう さあいこう」

令和3年度も多くの新入生を迎えスタートする予定です。

チーム三崎で頑張ります。

 

桜、咲く

三崎高校のロータリーには1年生がブイで作ったみきゃんが飾られています。

この道はもうじきすると桜が咲き誇りキレイな桜並木となります。

本日、その桜より少し早く三崎高校では「サクラ」が咲きました。

 

合格した受験生のみなさんおめでとうございます!!

 

先輩になる現1・2年生も最後の授業まで集中して取り組んでいました。

三崎高校の全員が新入生のみなさんを心から待っています。

 

桜が咲いたみさこうで、会いましょう。

愛媛県知事来校

 本日、愛媛県知事 中村時広 様 が令和2年度愛媛県総合教育会議のため本校に来校されました。

桜も開花が始まり、一段と春めいてきました。知事は、午後から新しい町営寄宿舎や総合的な探究の時間の参観もされました。

2020年度最後のクラスマッチ!

今日はクラスマッチが行われました。

盛大な応援でクラスマッチが盛り上がりました。

結果は、

バレーボール男子 優勝21R

バレーボール女子 優勝12R

バドミントン男子 優勝21R

バドミントン女子 優勝21R

チームワーク賞 21R

でしたが、どのクラスも懸命なプレーをみ(魅)せました。

みさこう図書館へ!ぜひ来てください!

みさこう図書館が、リニューアルされていることをご存じでしょうか。

 

 

 

今年度は、新刊も増え、読書スペースも広くなりました。

 

 

図書館だけでなく、校内のいたるところに工夫が見られ、私たちを

 

 

図書館へいざなってくれています。

 

落ち着いた中にも、ユーモアがあふれ、疲れた心を癒すのに最適です!

 

 

 

ぜひ、みなさんもみさこう図書館へ来てみてください!!

クラスマッチに向けて2

来週の16日(火)にはクラスマッチが行われます。

3年生が卒業し、1,2年生のみのクラスマッチです。

本日は2年生の体育の様子を撮影しました。

クラスマッチに向けて!

来週の16日(火)にはクラスマッチが行われます。

3年生が卒業し、1,2年生のみのクラスマッチです。

競技はバレーとバドミントンの予定です。どのクラスも体育の時間で練習に励んでいます。

 

 

数学(1年生)の授業

1年生の数学の授業は、習熟度別にクラスを編成し、きめ細かい指導を行っています。

今日は、2年生の授業で用いる公式などの復習と問題演習を行いました。

生徒は、不明な点を教員に質問するなど、主体的に学習を進めていました。

あと2週間で3学期が終わります。

時間を有効活用して、2年生に向けた準備を行ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の兆し

 きょうは啓蟄(けいちつ)、冬ごもりしていた地中の虫たちが穴から出てくるころ。校庭にも春の兆しが。 

       ツワブキの若葉

        山桜の冬芽

 「吉野山の桜」ほどではないですが、4月になれば向かいの山に山桜が咲き乱れ、絶景になります。

目は心の窓

みさこうファンの皆さま、昨日のテレビ放送はご覧になられたでしょうか?

今回は「卒業特集」ということで、1、2年生が中心になって番組を盛り上げてくれました!

テレビからもみさこう生のキラキラ輝いている光景が伝わってきました!

取材していただいた皆さま、いつもありがとうございます。

 

テレビや新聞等で三崎高校が取り上げられるといつも友人から連絡をもらいます。

その中で一番多いコメントは

 

「三崎高校の生徒たちの目がいいね」

 

目は口ほどにものを言う、と言われます。

人間が喜怒哀楽の感情を最も表しやすいのが目です。

何もしゃべらなくても目つきから相手の感情が伝わることがあります。

「目は心の窓」っていう言葉もあるくらい。

 

特にコロナ禍の今、我々は多くの時間をマスクをして過ごします。

これまで以上に「目」に否が応でも注目が集まるんですよね。

 

だからこそ、みさこう生の目を見て僕の友人は

 

「目には、心が表われる。」

 

というLINEをくれました。

そのあと、間髪入れずに

 

「みさこう生を見て、心が洗われる。」

 

と、大喜利みたいなメッセージをもらいました(笑)

 

 

写真は寄宿舎生たちを送る会での1枚。

みんな、まぶしいくらいにキラキラしたいい目してるぜ!!!

寄宿舎生の集い

 今日で学年末考査も終わり、部活動も再開です。

今日は、寄宿舎生のみで集合し、担当教員から、来年度の寄宿舎の体制について説明しました。

舎生が利用している県営寄宿舎「速水寮(はやみりょう)」に加え、来年度は、町営の寄宿舎「未咲輝寮(みさきりょう)」が供用開始となります(工事の進捗状況等は、ホームページの「未咲輝寮ができます」のアイコンをクリックしてご覧になれます)。寄宿舎の体制については、保護者向け説明会も3月4~8日の間に実施予定であり、今日は、保護者の皆様に説明予定の内容を舎生の皆さんに説明しました。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、例年以上に気を遣うことが多い寄宿舎生活でしたが、1、2年生とも本当によく頑張り、1年間無事に乗り越えました。3年生が卒業し、もう少しで1年生も先輩になります。三崎高校の先輩としても、寄宿舎の先輩としても、下級生に模範を示すことができるよう、そして、下級生の相談にのったり、下級生を励ましてあげたりできるよう頑張ってください。来年度から、今まで以上に舎生のみんなで力を合わせ、自主的・自治的に運営できる寄宿舎生活ができたら素晴らしいと思います。

花の時間

昨日は、本校の第70回卒業式でした。

23名の卒業生が旅立ち、1、2年生も学年末考査中ということもあり、今日はどことなく校内が静かです。

卒業生の人数は、全校の中で最も少ない数ですが、その存在感の大きさを感じています。

3年間をかけて自分のペースで成長し、一人一人が自分だけの花を咲かせて卒業してくれました。

校舎のあちこちには、昨日の卒業式の残り香としてきれいな花が飾られています。

その花を眺めがら、卒業生の成長を思い返し、在校生の成長に胸を膨らませています。

1年後、2年後の「3月1日」にどのような花が咲くのか楽しみです。

  

第70回 卒業式

23名のみなさん、卒業おめでとうございます。

 

あなたたちに出会えて、3つのことに感謝しています。

 一つ目は、私自身あなたたちのために何事にも全力で取り組むことができたこと、全力で応えてあげたいと思える生徒たちでした。大声で校歌を歌ったり、持久走大会で走ったり、クラスマッチで一緒に試合に出てなぜかキーパーをさせられたり(笑)。特に思い出に残っているのはやはり今年の体育祭の「ふわちゃん」です。いろんな案がある中で急にふわちゃんになり、最初は「ふわちゃんって誰?」から始まったふわちゃん研究。本番までの約2週間、毎日ふわちゃんのユーチューブを見て特徴をつかんだり、頭の中をふわちゃんで洗脳しました。そのせいもあり、今でもわが家でテレビを見ていると、急に子供が「ママ、テレビにママが出てるよ!」「いやいやそれはふわちゃん!」という会話が今もまだ続いています。ふわちゃんを全力で演じることでふわちゃんのすごさが分かり、みんなから新たな価値観や視点を与えてもらいました。生徒といつまでも対等でいられるよう、60歳になったときも全力でふわちゃん以上のことができるよう、どんな生徒の要望にも応えることができるよう、高校生以上の若さやパワーを持ち続けられるようにこれからも努力します。本当に色々な経験をさせてくれてありがとう。遠慮なく、容赦なく、私のことを何も考えずに何でも言ってくれるあなたたちが大好きでした!

 二つ目は、あなたたちが卒業しても卒業後の楽しみを教えてくれたことです。みんなの進路指導にかかわって、あなたたちの描いている夢をこの三崎高校で応援したい、いつかこの伊方町で一緒に何かがしたい、仕事をしたい、そのためにいつまでも帰ってこれる場所を守り続けていきたいと思うようになりました。教員生活一緒に過ごす3年間だけに喜びや幸せを感じていた私に、卒業後の楽しみをあなたたちは教えてくれました。

 三つ目は、あなたたちと過ごした時間は私にとって花のような時間でした。3年間、毎日が美しい時間ではもちろんありませんでした。水をあげなかったら枯れそうなときもあったり、温かいところに置いているのに、なかなか芽を出さなかったり。でも突然花が咲いたり、少しずつ大きくなって最後には必ず大きな花を咲かせてくれる。そんなあなたたちと過ごした時間は私にとって花の時間でした。そんな思いを込めて楠さんの答辞では「花の時間」という曲を弾かせてもらいました。花が咲くまでに、人それぞれ速さは違うけど、みんなすてきな花を咲かせて見せてくれました。3年間すてきな花のような時間を一緒に過ごすことができ幸せでした。ありがとう。

 

 これからの長い人生、あなたたちがとにかく笑顔で元気でいてくれることだけが私の最後の願いです。この三崎高校であなたたちに出会えたことに感謝します。たくさんのことを勉強させてもらいました。何かあったらいつでも三崎高校に来てください。そしていつか力をかしてください。あなたたちのこれからのご活躍を願っています。

                        11R担任だった 大西 純♪