校長室より

   

 本校は、四国から九州へと伸びる、日本一細長い半島・佐田岬半島にあり、四国西端に位置する高校です。本校に近い三崎港からは、九州の大分県に向けてフェリーが行き来しており、最短で70分で四国と九州を結んでいます。

 

   本校は、全国募集をしています。本校の魅力を簡単に紹介しますと、

 

1 未咲輝塾(公営塾)があります。町が運営する塾が学校内にあります。

 

2 寮があります。月3万円の寮費の半額(1万5千円)が補助されます。

 

3 スクールバスが運行しています。(八幡浜駅⇄三崎高校)

 

4 入学支度金として、5万円の地域振興券が支給されます。

 

 全国からの入学生をお待ちしています。

 

 さて、本校は国道197号線の「県立三崎高校」の入り口(看板あり)から、上がったところに、平成元年に新たに建てられた白亜の校舎があります。

 

 本校では国道の入り口から正門までの道を「未咲輝ロード」(みさきロード)と呼んでいます。「生徒一人一人の輝く未来を咲かせよう」という願いが込められた名前です。ここには、生徒一人一人の夢や目標が作品として、貼り付けられていて、生徒は毎日の登下校時に自分の立てた目標を目にすることができます。

 

 生徒が考えた健康体操の名称「みさこうたいそう115」をヒントにして、三崎高校の略称・愛称として「みさこう」を採用しています。学校努力目標も『三崎(みさ)高校(こう) 最高 さあ行こう 最西端から最先端へ ~「未咲輝ロード」一人一人の輝く未来を咲かせよう~』としています。

 

  本校は「ホームページで最新の情報を知ることのできる学校」として、開校日には毎日更新している「みさこう日記」を通じて、本校での最新の出来事をお知らせしています。できるだけ多くの皆様に本校ホームページをご覧いただければと思っています。

 

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

                          三崎高等学校長 川本 昌宏(かわもと まさひろ)