みさこう日記

2020年7月の記事一覧

14→ブイアート

1年生は、未咲輝学の時間に、身の回りにあるものを「SDGs」の視点から見てみるという活動に取り組んでいます。

1年生が、SDGsの17の目標の中で1番興味があったのが、「14 海の豊かさを守ろう」という項目でした。

海の豊かさを守るためには、海洋ごみを減らすことと海洋資源の保全が大切だという意見が多く出ました。

そこで、今日は海洋ごみの再利用ということで、ブイアートの第一人者である宇都宮圭さんに指導していただいて、1年生全体で「みきゃん」のブイアート作りに取り組みました。

簡単そうに見えるかもしれませんが、下地塗り→重ね塗り→パーツの輪郭書き→パーツの着色→仕上げと、かなりの工程を経て完成します。

1年生も慣れない作業に苦戦しながらも、全員で協力してみきゃんを制作することができました。

完成したみきゃんブイは、校内のデコレーションなどに使う予定です。

梅雨明けした空に負けないくらい、明るく爽やかな風景になること間違いなしです。

「うちの施設にもぜひ置いてほしい!」という要望がありましたら、お気軽にご連絡ください。

地域みらい留学2020オンラインに参加しました。

昨年度三崎高校は初めて地域みらい留学(高校3年間地域で学ぶ)フェスタに参加し、

大阪・東京・名古屋で多くの中学生及び保護者の皆様とつながることができ、結果として、

18名もの県外生を新入生として迎えることができました。

初年度の成果としては素晴らしいもので地域の皆様にも喜んでいただきました。

そして、その生徒たちは新型コロナウイルス感染症の影響で休業期間もありましたが、

三崎での生活にも慣れ、皆元気に1学期を終えて夏休みを迎えようとしています。

今年の地域みらい留学フェスタは残念ながらオンラインでの開催になりましたが、

第1回目が7月25日、26日にあり、無事終えることができました。

オンラインで三崎高校の明るく元気な雰囲気を伝えることができるか不安もありましたが、

三崎の広報担当である羽田・日野先生コンビと県外出身1年生3名の活躍もあり、杞憂に終わりました。

参加していただいた皆様ありがとうございました。

次回は8月22日、23日に実施されますので、皆様是非ご参加ください。

三崎高校の明るく元気な雰囲気を精一杯伝えるとともに、直接ご質問等に答える機会となります。

多くの皆様とオンライン上ですがお会いすることを楽しみにしています。

校庭の絶滅危惧植物

生物多様性に係る話題を1つ。

校庭の鉄棒付近に、ちょっと珍しい植物があります。

シダ植物の一種、コハナヤスリだと思われます。愛媛県で絶滅危惧2類(絶滅のおそれが増大している種)に指定されています。

ハナヤスリの仲間は、植物の先端に胞子嚢穂があり、下のほうに小さな栄養葉がついています。他のシダ植物とからだのつくりが大きく異なります。

校庭に絶滅危惧植物なんて珍しいですね。自然に囲まれたみさこうならでは。

植物に興味がある人は探してみてください。冬に地上部は枯れますので、秋までは観察できます。

1学期クラスマッチ!!

今日はクラスマッチ。

 

 

あいにくの空模様のため、体育館での活動となりました。

 

 

それでもクラス対抗の熱い戦いは、想像以上の盛り上がりとなりました。

 

(先生方も生徒に負けじと頑張りました。)

 

これを機により一層クラスの絆、学校の輪が広がったと思います。

 

 

1学期も残り僅か。。。

 

 

このまま突っ走っていってほしいと思います。

みさこう吹奏楽部 第10回みさこうフェスティバルのお礼

「心からの感謝を。」

 7月24日金曜日、無事、 第10回みさこうフェスティバルを終えることができました。 たくさんの方に御来場いただき、 部員一同感謝の気持ちでいっぱいです。三崎高校は、 地域の方に温かく見守られ、支えられ、 助けていただいているということを改めて実感しました。 今回の演奏会ではいつも以上にお客様の温かな雰囲気を感じました 。そのような会場の雰囲気を作っていただいたおかげで、 部員も緊張しながらも、 精一杯演奏することができたのだと思います。 ありがとうございました。また、オンラインを通して、 見てくださった多くの方々、会場に来れなくても、『 心は繋がることができる喜び』を感じました。 たくさんの応援メッセージは、 部員のこれからの心の支えや成長に繋がります。 本当にありがとうございました。

 フェスティバルの実施が決定し、 短い準備期間で2時間近くのプログラムを準備することは、 部員一人一人が自分との戦いだったと思います。 目の前の大きな山に堂々と立ち向かう部員、涙する部員、 どのような方法で登ったらいいのかわからない部員。 私が三崎高校に来て1番感じることは、部員の山の登り方が、 一人一人全く違うということです。自分で登れる生徒は、 もっとさらに高い山を目指せるように、 登ることを諦める部員とは、 一緒にどうしたら登れるかじっくり考え、 一歩も足が動かない部員には、 まずこっちの道を歩いてごらんと登る楽しみを感じさせる、 時には、厳しい声もかけます。方法は違っても、 みんなで同じ景色を見ることができることを信じて、いや、 絶対に部員に見せるんだと私自身に言い聞かせて、 指導する大切さや喜びを日々生徒から教えてもらっています。 毎年「部員1人1人をステージで輝かせる」 これがわたしのテーマです。部員は宝です。磨けば磨くほど、 輝きます。時には、磨くポイントに苦戦する時もありますが、 それをみつけるのが楽しいです。


 今回のフェスティバルでは、 部員全員が大きく成長できたことが1番の喜びです。 1つの大きな目標に向かって、誰一人投げ出すことなく、 自分の居場所、輝ける場所を見つけ、 そこで精一杯輝こうとする姿を見れたことが本当に嬉しかったです 。


 これからの課題もたくさんみつけることができ、新体制では、 さらにみさこうサウンドを進化させたいと思います。
 
 4年勤務すると、卒業生の顔が見られる喜びも感じました。 卒業生がいつまでも帰ってこれる三崎高校、 ふるさとでいられるように、そして「 自分たちの時よりすごく上手くなってる!」 と言ってもらえるように、 明日からも部員と一緒に頑張っていきたいと思います。


 今回のフェスティバルでは、 保護者の皆様にもたくさんのご協力をしていただきました。 本当にありがとうございました。


 会場を貸していただきました三崎小学校様、 すてきな演奏していただきました伊方中学校ブラスバンド部様、 会場に足を運んでくださった地域の方々、 オンラインで応援してくださった多くの方々に、 心から感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうございました。
これからも、三崎高校をよろしくお願いいたします。


                                     三崎高校吹奏楽部顧問 大西純

 

 

校長先生からすてきな花束のプレゼント!本当に大きく成長したね。ありがとう!夢に向かってはばたけ!

雲外蒼天 ~進化する伝統 進化するみさこうサウンド~

 これからもみさこう吹奏楽部をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。  部員一同

 

 

 


 

教職員応急手当講習会

 

7月15日に教職員対象の応急手当講習会が行われました。

受講者は事前の健康チェックを行い、ソーシャルディスタンスを守る中で、新型コロナウイルス感染症対応用の心肺蘇生法実技講習を実施しました。防災士の資格を持つ教員も多数いるので、消防署の方に質問をしながらの講習となり、有意義な時間が過ごせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みさこうの涼 その1

暑さが増してきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

三崎高校では、涼を感じる取組を行っています。

 

その一つが、最近お目見えした水槽です。学校玄関を入った事務室前に

 

水槽を設置しました。もちろん中には、色とりどりの魚たち。

 

 

 

見ているだけで涼しさを感じ、小さい魚たちに癒されますね。

 

 

 

生徒の有志たちが世話をしています。三崎の川をイメージした水槽も

 

製作中。来校された際には、是非ご覧ください!

未咲輝ロード

未咲輝ロードの光景です。制作者の気持ちが込められた作品ですね。

この作品を鑑賞しながら、今日もこの道を歩きました。

考査最終日

一学期末考査もいよいよ最終日を迎えました。

試験終了のチャイムが鳴ると、

これまでの頑張りを労い合う生徒たちの

晴れやかな顔で、溢れていました。

 

考査の後は、避難訓練がありました。

平家先生のご指導の後、

3名の生徒が消火訓練を経験しました。

「備えあれば憂いなし」

しっかりとした「備え」をしていかなければなりませんね。

 

 

完成しました!

久しぶりの青空が気持ちいいですね。
長い長い雨が続き、学校周辺の緑も更に濃く深くなりました。
期末考査は、4日目が終了しました。
最後の一日もベストを尽くして、笑顔で週末を過ごしたいですね。

さて、三崎高校は今年度、創立70周年を迎えます。
本日、教職員にその記念Tシャツが配布されました。




















背面は、なんと豪華な5色刷り!
三崎の豊かな自然が描かれたシンボルマークは、
昨年度美術を指導された高見先生の作品です。
テーマは、2年生の島田晃佑君が考えたものです。

胸元のマークは、2年生の宇都宮涼花さんが制作しました。

そして、近々このTシャツを見られる機会があります。
7月24日(金)に開催する「みさこうフェスティバル」です。
関係の生徒や先生方は、限られた時間の中で一生懸命準備をしています。
生徒たちが今年度の目標を描いた美術作品も展示予定です。


会場にお越しの際は、この記念Tシャツも探してみてくださいね。

オンラインイベントの可能性を!

新型コロナウイルスの影響で多くのイベントが中止になる中、三崎高校ではオンライン上でのイベントを積極的に行っております!

 

6月6日には、首都圏の子どもたちにおうちに居ながらも田舎体験をしてもらうイベントとしてTABICA共催の「親子でオンライン体験フェス」に参加しました。

 

当日は、首都圏の親子約30組に対して、佐田岬半島の三机から「漂着ゴミをアート作品に!」をコンセプトに、オンラインアート体験ブースを開設しました。

 

 

 

参加した子どもたちからは、「きれいな海にどうしてこんなにゴミが流れつくの?」「ゴミが可愛く生まれ変わった!」など、素直なコメントが寄せられ、参加した生徒たちにとっても貴重な機会になりました。 

 

 

今後も三崎高校では、リアルとオンラインの両方で魅力化発信をしていきます。

 

ご期待ください!!!

みさこう吹奏楽部

 今、三崎高校はテスト期間中です。短時間集中で、体育館練習をしています。

もう、本番は来週です!!

「第10回 みさこうフェスティバル」

3年生もラストステージに向けて頑張ってます。

 3年前のみさこうフェスティバルでは、まだまだ演奏ができず。でもこの代の素晴らしいところは、楽器が演奏できない状況でも、自分にできることを精一杯していたところです。

体いっぱい使って音楽にのって、思いっきりダンスをしていました。

笑顔でお客様を迎えていました。

合唱ステージでは、声を一生懸命お客様の心に届かせていました。

楽器で音が出せない分、声を出してステージを盛り上げていました。

 

本当にすばらしいなと今でも鮮明に覚えています。みさこうフェスティバルというステージの中で、自分の輝ける場所を自分で必死に探し、自分の居場所を見つけ、自分らしく精一杯こなすことで、この子たちは演奏者以上に輝いていました。でも、今はバンドを引っ張っていく存在です。今は今のまた違った苦しみ悩みがあります。今だから感じることのできる大きな壁。精一杯しているからこそ感じることのできる壁。本番、この子たちがどのようにステージで輝いてくれるのか、今から楽しみです。

 (貴重な先輩たちの輝いていた姿!)

 

 

さて、1年生も、先輩の姿を見て少しずつ刺激を受けています。

 本格的に準備を始めて1か月。1年生は急成長しています。1年生も、自分の輝ける場所を見つけ、とことんやり抜いてください。

 

今回の演奏会でも、みさこう体操ステージがあります。今年のイベント班です!

今年初の試みで、バックミュージックは、生バンドで行います!

みさこうクワイヤーです!

(先輩たちのみさこう体操ステージの様子!写真からもすごいパワーを感じます!)

 

7月24日(金)17:00~三崎小学校体育館で行います。ぜひ、お越しください!お待ちしております!

 

期末考査が始まりました

本日より1学期末考査が始まりました。

1年生にとっては高校生になって初めての考査です。

1時間目は数学でした。集中して取り組んでいます。

 

 

自分の力を存分に発揮できるよう、1週間頑張りましょう!

 

非行防止教室

6限目に非行防止教室を行いました。今回は、本校の生徒課教諭が講師となり「情報モラル」について、

DVDを視聴しながら学習しました。SNSを正しく利用してトラブルにならないようにしたいと思います。

総合的な学習の時間

今日の6, 7限は総合的な学習の時間でした。今回は、1年生の様子をご紹介します!

1年生は現在、三崎の魅力を調査しています。インターネットで三崎の海や三崎の歴史を調べる班や、校外へ出向いて地域の店舗にインタビューをする班など、各班のテーマに沿って様々な調べ学習を行いました。

生徒一人一人が積極的に調べていました。

安全に気をつけて…

今日は伊方町に避難勧告が発令されていた影響で4限目からの授業となりました。

4時間しか授業がありませんでしたが、みんな集中して取り組めていました。

こちらは下校の様子です。

なんだか帰れることがうれしそう…いやいやきっとこれから思う存分テスト勉強できることがうれしいのでしょう!

下校時にも安全に気をつけて下さいね。

考査に向けてまた明日も頑張りましょう!

七夕

本日は七夕です。

叶えたい願いを短冊に込めていました。

叶うと良いですね。

 

第1学期期末考査時間割発表

本日より期末考査期間となりました。

教室では勉強に励む生徒も見受けられました。

 

 

学生の本分は勉強です。限られた時間の中で、努力を惜しむことなく精一杯取り組みましょう。

日本史Bの授業

2年生I型の日本史Bの授業で、国風文化の学習をしました。

代表的な文学作品などを確認した後、実際に触れてみようということで、

源氏物語の要約の一部をグループで読みました。

源氏が藤壺に恋をし、行動するシーンなどに関して、

生徒が思い思いの感想をレポート用紙に書いていました。

平安時代の文化についてイメージを持つきっかけになりました。

 

「ありがとう」の反対

三崎高校には寄宿舎があります!

 

月に何回か寄宿舎生とともに寝食をともにします。

普段の学校生活では見えない(見せない?笑 見せられない?笑笑)表情や振る舞いが見えてとても楽しい時間!

彼らや彼女たちが食事を作ったり、洗濯や清掃をしたりしながらする家族の話を聞く時間が最高に嬉しいです。

 

「こんな大変なことを家族はやってくれていたと思うと感謝の気持ちしかありません」

「今度家に帰ったら卵焼きを作ってふるまってあげたい!」

「親のありがたみが分かりました」

 

 「ありがとう」の反対は「当たり前」

 

日常の毎日に「当たり前」は存在しない。何一つ。

日常の毎日で一つでも多くの「ありがとう」を見つけたいね!

そして伝えていきたい。

 

 

あまりにも三崎の海が美しかったので思わず撮っちゃいました!

こんな雄大な景色が毎日見られるなんてぜいたくすぎる!

 

たくましく成長した我が子との再会をお楽しみに!!!