メインメニュー
学校いじめ防止基本方針
生徒会・家庭クラブ
連絡
特集コーナー

2018年12月6日(木曜日)

第11回地域教育実践交流集会

カテゴリー: - misaki03 @ 10時36分37秒

12月1日に、大洲市で開催された地域教育実践交流集会で「せんたん部」が事例発表をさせていただきました。

この行事は、北は北海道、南は沖縄まで全国で地域協力に取り組んでいる45団体が集まり、15の分科会に分かれて事例発表や研究協議、講演会やアクティビティを通して交流を深め、新たなネットワークを構築するために行われているものです。

本校では、2年前から参加させていただいており、そのたびに生徒に貴重な体験をさせていただいています。

今年は、せんたん部の活動を中心に、2名の生徒が「佐田岬ジャンボリー」「せんたんビギンズ」「みさこうたいそう115」「せんたんミーティング」についての事例発表をさせていただきました。

分会参加者の方にも興味を持っていただき、たくさんの質問をしていただきました。その中で、生徒たちは新たな気付きや発想があり、大変勉強になりました。

また、一般参加として他の分会の発表を聞きに行った3名の生徒を含め、様々な団体の方々の実践報告を聞き、生徒たちは大きな刺激を受けました。

医療、公民館活動、食、教育など様々な分野で活動されている方々の生の声を聞くことは、生徒にとって何よりの学びでした。

今回の学びを、今後の「三崎おこし」で実践していきたいと思います!

h30_12_1_1.jpg h30_12_1_2_1.jpg

h30_12_1_3.jpg


2018年11月13日(火曜日)

関西支部総会

カテゴリー: - misaki03 @ 18時58分37秒

1110日土曜日に三崎高校関西支部総会が開催され、本校からは若江校長が、同窓会事務局からは中村同窓会長、阿部副会長、松本副会長の3名が出席されました。関西地区にお住まいの方は中心に、37名の出席者で会が開かれました。

田村関西支部長からご挨拶をいただいた後、中村同窓会長による同窓会の活動報告、若江校長による三崎高校の近況や学校魅力化の取組、分校回避に向けた取組などが報告され、参加者の方々は真剣な様子で聞き入っていました。その後の会食は和やかな雰囲気の中で行われ、最後には参加者全員で三崎高校校歌を高らかに歌い上げました。

関西支部の方々から熱い激励と応援のお言葉をいただきまして、来年度の分校回避、さらには再来年殿の創立70周年に向け、一層の努力をしなければという思いもさらに強くなりました。

関西支部の皆さま、本当にありがとうございました。

 

h30_11_10_1.jpg

 

h30_11_10_2.jpg h30_11_10_3.jpg


2018年9月10日(月曜日)

夏の思い出

カテゴリー: - misaki03 @ 17時39分27秒

 

9月も10日が過ぎ、涼しい風に秋を感じられるようになってきました。
8月に三崎高校生が取り組んだ活動の一部を紹介したいと思います。

4日  佐田岬ジャンボリー
廃校になった二名津中学校で、中学生向けのイベントを行いました。
午前中には、三崎高校の定番となりつつある、「ブイ」を使ったアート作品作りを行い、今年はブイランタンを作りました。
午後からは、2グループに分かれ二名津のまちの中で写真を撮り、写真コンテストを行いました。
その後、二名津わが家ライブにも吹奏楽部や総合学習のチャレンジ班、ボランティア生徒が参加しました。
h30_8_4_1.jpg h30_8_4_2.jpg
                                

8日、9日  全国高校生SRサミット
立命館宇治高校さん主催の高校生サミットに参加させていただきました。
全国から集まった高校生と交流し、大きな刺激を受けました!
2日目のプレゼン発表会に向け、どの班も夜遅くまで、そして朝早くから準備をしている姿が印象的でした。
全国に新しい仲間も増えました!
h30_8_8_1.jpg h30_8_8_2.jpg
DSC_0093.JPG h30_8_8_4.jpg


4日〜13日  「せんたんビギンズ」撮影
伊方町PR映画鑑賞を伊方町内各地で撮影しました。
三崎高校生だけではなく、外部のアーティストの方や、伊方町内の方にも出演していただきました。
高校生はキャストだけではなく、撮影スタッフとしても撮影に参加しました。
せんたんミーティングでパイロット版が上映予定です!

23日  「日本の次世代リーダー要請塾」成果普及会参加
本校の3年生はじめ、リーダー塾参加者の発表内容に、今回参加した1、2年生は興味津々!
大きな刺激を受けました。
本校では、本年度と一昨年度にリーダー塾に参加しており、本校の文化として根付いています。
必ず来年も参加します!
h30_8_22_1.jpg h30_8_22_2.jpg
h30_8_22_3.jpg h30_8_22_4.jpg
h30_8_22_5.jpg


今年もアツイ夏でした!

2018年6月19日(火曜日)

卓球四国総体

カテゴリー: - misaki03 @ 07時57分39秒

6月15日〜17日に徳島県の徳島市立体育館で第71回四国高等学校卓球選手権大会が開催され、本校から、選手として31R朝井駿介君が、ラリーパートナーとして11R阿部好之介君が参加しました。朝井君は6月に行われた県大会でシングルスの部ベスト16に入り、四国大会への切符を手に入れました。南予からは朝井君を含め、3名の選手がシングルスに出場しました。これは、近年では最も多い数です。

15日は公式練習と開会式が行われました。開会式は、各県の大会を勝ち抜いた選手たちによる厳かな雰囲気で行われました。また、公式練習では全国上位の選手たちのプレーも間近に見ることができ、試合へのモチベーションが高まりました。

h30_6_15_1_1.jpg 

16日には、公式練習の後、ダブルスと団体戦が行われました。この日の出場はありませんでしたが、同じ南予の選手を中心に、愛媛県の他校の選手たちに声援を送り、「All Ehime」の雰囲気を高めました。

17日、いよいよシングルスの試合日当日になりました。相手は、1年生ながら徳島県大会で団体戦優勝、シングルス準優勝、ダブルス優勝、インターハイや国体にも出場するという強豪選手です。地元徳島の選手ということもあり、観覧席には大応援団が。それに対して、朝井君の応援は阿部君と、朝井君の御両親の3名だけという、大アウェー!(相手高校の応援の数が多すぎて、写真も後ろの方からしか撮影できないくらいでした!)この雰囲気にのまれてしまうのではないかと、不安になりました。しかし、試合が始まると積極的に攻撃を仕掛け、1点取るごとに声を上げるという、「いつもの朝井駿介」らしいプレーを見せてくれました。特に2セット目は、お互いに攻撃を仕掛け合い、打ち合い、台を大きく使った打撃戦にもつれ込むという意地のぶつかり合う、激しい好ゲームになりました。惜しくも、0−3のストレートで敗れましたが、最後の1点まで声を出し、攻め続けるという朝井君らしいプレーをしてくれました。

                                

試合に負けた後も、南予の仲間たちの応援に声を出すなど、卓球だけではなく朝井君の人間的な強さも見ることができました。

                                

今回、悔いのない試合をすることができたのは朝井君の努力はもちろんですが、県総体終了後にも練習に付き合ってくれた3年生のチームメイト、壮行会で励ましてくれた校長先生やクラスメート、金曜日の出発前に3階から見送ってくれた3年生、3日間練習を付き合ってくれた阿部君、早朝に家を出て、徳島まで応援に来てくださった御両親など、多くの人たちの支えがあったからです。残念ながら、「このチームで四国大会に行く」という目標は達成できませんでしたが、すべての人の思いを背負い、「All 三崎高校」で戦い抜くことができました。本当にありがとうございました。

親元を離れた三崎高校卓球部での3年間での活動で、彼は数多くの賞状や優勝カップを手にしました。しかし、改めて振り返ってみると、目には見えないけれど本当に大切なものもたくさん手に入れたのだな、ということに気付かされました。

今後の朝井君の活躍を心から期待しています!


2018年6月4日(月曜日)

県総体(卓球)

カテゴリー: - misaki03 @ 08時19分43秒

 6月2日、3日に陶街道ゆとり公園体育館で、本年度の県高校総体卓球協議の部が行われました。

県総体に出場した8名全員が、試合の最初から最後まで懸命にプレーし続けました。3年間をかけて絆を深め、作り上げてきたチームの目標は「このメンバーで四国大会に行く」でした。

 2日に、個人戦シングルスとダブルス行われました。シングルスには、31R朝井 駿介、32R谷川 翔、谷川 拓人、中田 智貴の4名が出場しました。3年生にとっては最後のシングルスということもあり、全員が気迫のこもったプレーをしてくれました。その中で、朝井君はベスト16に入り、本校にとって3年ぶりの四国大会出場を決めました!四国大会決定戦の相手は南予総体のシングルスで、ストレートで敗れた選手でした。1か月前にまいた悔しさの種は、1か月間の必死の練習を経て、笑顔の花を咲かせ、四国大会出場という最高の実をつけてくれました。

 ダブルスには31R 濱本・11R 宇都宮、32R 梶原・32R 木下、谷川翔・中田、朝井・谷川拓人ペアの4ペアが出場しました。残念ながら、四国大会出場はなりませんでしたが、各地区の代表選手相手に最後まで必死に食らいつき、自分たちの試合をしてくれました。ストレートで敗れたペアは1ペアもありませんでした。ダブルスの強さは、単純なシングルスの足し算ではありません。ペアを気遣う優しさ、自分の役割を果たす責任感、これまでの練習を信じ攻め切る勇気。2人のペアワークの良さがそのペアの強さにつながります。三崎高校の4ペアは、その強さを見せてくれたのではないかと思います。

h30_6_2_1.jpg h30_6_2_2.jpg

h30_6_2_3.jpg h30_6_2_4.jpg

h30_6_2_5.jpg h30_6_2_6.jpg

h30_6_2_7_1.jpg h30_6_2_8.jpg

 3日には、団体戦が行われました。1回戦の三間高校に3−0、2回戦の大洲高校に3−1と快勝し、ベスト8まで勝ち進みました。準々決勝の相手は、昨年の県新人戦と同じく東予の強豪、今治北高校でした。1番シングルス、2番シングルス、3番ダブルスがすべてフルセットという大激闘になりました。2番の谷川拓人君が、相手の四国大会出場選手を破り、前半戦を1−2で折り返し、後半戦に望みをつなぎました。後半戦もシーソーゲームになりましたが、惜しくも敗れ、2時間を越える、近年稀に見る大激闘は幕を閉じました。試合後、ベスト8とういう結果に満足した者はだれもおらず、全員が悔し涙に濡れました。本気で頂点を目指したからこそ、努力を重ね成長した姿と、本気で頂点を目指しながらも届かなかったからこその涙がそこにありました。残念ながら、「このチームで四国大会に行く」という目標は達成できませんでしたが、彼らの思いは後輩たちにしっかりと受け継がれたと思います。そして、この敗北があったからこそ、彼らはきっともっと大きくなってくれると信じています。

h30_6_3_1.jpg h30_6_3_2.jpg

h30_6_3_3.jpg h30_6_3_4.jpg

h30_6_3_5.jpg h30_6_3_6.jpg

h30_6_3_7.jpg h30_6_3_8.jpg

h30_6_3_9.jpg h30_6_3_10.jpg

 暑い中、遠方まで足を運び声を枯らして応援してくださった保護者の皆さまやベンチに入れなかった卓球部員、先生方、練習場の確保をしたり、差し入れをしてくれたりしてベストな状態を作って応援してくれたOBのみんな、このチームを支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。


2018年5月9日(水曜日)

卓球部南予総体団体優勝!

カテゴリー: - misaki03 @ 13時03分29秒

4月28、29日に行われた県総体卓球南予地区予選。
三崎高校卓球部がついに
団体戦優勝を果たしました!

第一に選手の頑張り。
前日の個人戦で悔しい思いをした選手たちは、気持ちを切り替え、勇敢に粘り強く、最後まで自分たちのプレーを貫きました。
本当によく頑張った。

第二に部全体の頑張り。
試合に出ないベンチメンバーも、ベンチに入れない多くの部員たちも、記録を取り、審判をし、声を枯らして応援してくれました。
この勝利は、三崎高校卓球部15人がそれぞれ力を出しきり、全員の力を合わせた結果です。
最高のチームプレーができました。

第三に応援の力。
保護者の皆様や先生方をはじめ、野球部やテニス部の生徒、女子卓球部の生徒も応援に駆けつけてくれました。
この勝利は、応援席から声を枯らして応援し、励まし続けてくださったみなさまのおかげでつかみ取りました。
応援が本当に力になりました。ありがとうございました。

県大会でも、1つでも上を目指して頑張ります!
本当にありがとうございました。

                                

                                

                                

                                

                                

そして、もう一つの快挙が。

高校入学後、卓球を始めたキャプテン、濱本 晃誠君がダブルスでベスト8に入り、県大会出場を決めました!

卓球という、経験者が圧倒的に有利なスポーツでこの成績は本当にすごい!

3年間の努力が実を結びました。本当におめでとう!!

                                

男子卓球部南予総体結果

団体 

優勝(33年ぶり)

シングルス

ベスト8 朝井 駿介、谷川 翔

ベスト16 谷川 拓人、中田 智貴

ダブルス

ベスト8 朝井・谷川拓、谷川翔・中田、濱本 晃誠・宇都宮 龍斗

ベスト16 梶原 瑞樹・木下 陽斗

 


2018年4月9日(月曜日)

新学期スタート!

カテゴリー: - misaki03 @ 17時35分34秒

 本日、三崎高校の平成30年度第一学期がスタートしました。

 まず新任式が行われ、校長先生から、平家利晃先生(数学)、城隆文先生(理科)、日野未来先生(保健体育)、河野雄太先生(英語)、田井野経生先生(初任者研修指導員)、清家信孝先生(スクールライフアドバイザー)の6名の先生方の御紹介がありました。その後、お一人お一人からお言葉をいただきました。最後に、生徒会副会長の長生さんが、生徒を代表して歓迎の言葉を述べました。平成30年度、この新しい顔ぶれで頑張っていきますので、よろしくお願いいたします!

                                

                                

                                

 その後、始業式が行われました。校長先生から、生徒募集について、三崎高校の愛称について(「みさこう」に決定!)、スタートダッシュもしくはリスタートの大切さについてという3つのことについて講話をしていただきました。この3つのことを意識して、本年度、三崎高校、伊方町をさらに盛り上げることができるよう、自分ができることに全力で取り組みましょう。

                                

 最後に、新しいクラスで初めてのホームルーム活動が行われました。すべてのクラスで、メンバーもしくは担任の先生が変更になっており、新しい仲間でのスタートになりました。平成30年度、みんなで盛り上がっていきましょう!

                                

                                


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress