メインメニュー
学校いじめ防止基本方針
生徒会・家庭クラブ
連絡
特集コーナー

平成29年度 地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業

●4月19日(水)
 生徒会長の西川清也君が、本年度の総合学習の時間の進め方について説明をしました。本年度の総合的な学習の時間は昨年度までと実施方法を変え、2・3年生が合同で調査・研究活動を行っていくことになりました。
今後は「イベント班」・「情報発信班」・「特産品開発班」の3つの班に分かれ、それぞれの班で活動を行っていくことになります。
                                


●4月26日(水)
 本日の総合的な学習の時間は、希望調査を基に3つの班に別れ話し合いを行いました。生徒執行委員・各班のリーダーを中心に、どの班も自主的な話し合いが行われていました。
                                

                                

                                


5月3日(水)
 本日は伊方町観光交流拠点施設「佐田岬はなはな」で行われた第2回はなはなまつりに、ボランティアスタッフやイベントの参加者として参加しました。
 ボランティアスタッフとして参加した生徒は、早朝の会場設営から参加しました。メイン行事でもある海鮮バーベキューの補助、家庭クラブの生徒が作ったクッキーの販売、輪投げやヨーヨー釣りの出店、牛乳パックをリサイクルした「灯台ぼうし」の制作講座、サザエつかみ取りの補助など、終日大忙し出した。
また、「コンテナタワー積み選手権」や「カラオケ大会」などの行事にも多くの生徒が参加し、はなはな祭りを盛り上げることができました。

                                

                                

                                

                                

                                

                                h29_5_7_15.JPG




●7月8日(土)
 佐田岬はなはなで行われた「ちびっこ夜市」に、イベント班の生徒が参加しました。フランクフルトや冷やしぜんざいなどの販売や、射的(流木を利用した手作り!)などのゲームを行いました。
 たくさんのちびっこが参加してくれ、夜市を盛り上げることができました!
                                

                                


●8月2日(水)
 本日、地域美化と8月11日(金)に開催する「漂着物アートフェスティバル」の素材となる漂着物集めを兼ねて、地域の海岸清掃を行いました。
 2か所の海岸に分かれて、黙々と作業を行いました。地元っ子ならではのポイントにも岩場を乗り越えてたどり着き、たくさんの漂着物を回収することができました。
 海岸もきれいになった上、漂着物フェスの準備も進み、ボランティアに参加した気持ちも高まりました。
 「漂着物アートフェス」は、メインオブジェ作りあり、ワークショップあり、アートコンテストあり、スポーツコンテストありと、一日楽しめる企画になっています。もちろん、途中参加、途中退場可能です。
 たくさんの方の参加をお待ちしています。
 
漂着物アートフェスのポスターはこちらです。
h29_tiiki0802_1.jpg h29_tiiki0802_3.jpg

h29_tiiki0802_5.jpg h29_tiiki0802_6.jpg

h29_tiiki0802_4.jpg h29_tiiki0802_2.jpg


●8月11日(金)
 二名津公民館で「漂着物アートフェスティバル」が開催されました。

 思い返せば、昨年の8月に当時2年生だった垣内麻里さんと西川清也君が、愛媛県教育委員会主催の「地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業」の一環としてプロジェクトマネジメント研修に参加したことが全ての始まりでした。

 その後、地域活性化のために何をすればよいのかを考え、話し合い、多くの人の御協力を得て、「もっと知って!MISAKI!」というプロジェクトプランが生み出されました。その根底にあったのは、「伊方町にはたくさんの優れた資源(自然、文化、食べ物、人々)がある。それを多くの人に知ってもらいたい!」という気持ちでした。「そのために、まず伊方町に来てもらおう。来てもらうためのイベントを行おう。」その思いが形になったのが、今回の「漂着物アートフェスティバル」です。

 この日のために、まずは会場となる二名津公民館の掃除から始めました。しばらく使われていなかったため、部屋も廊下もほこりだらけ。当然、スタッフだけでは手が足らず、ボランティア生徒の手も借りて、ピカピカにすることができました。

                                

 次に、フェスで使うものの準備です。海岸清掃で拾ってきたブイに色を塗ったり、パイプを組み合わせたり。その他にもこまごまとした準備を行いました。ここでも、ボランティア生徒の力に助けられました。

                                

  フェス当日は、朝から「お客さんが来てくれるだろうか」と全員が不安でした。9時30分の開会式の時間になっても誰も来ませんでした。そこで、急きょ、目立つようにと横断幕を作り、入り口に掲示しました。

                                h29_8_11_2.jpg

  10時前になると、なんと、「ブイプランター作り」にたくさんの小学生が来てくれました。中には、2歳のお子様まで!最終的には15名を越える方の参加がありました。参加してくれた皆さんの楽しそうな姿が印象的でした。

                                

  午後からは、まず、「ブイアートコンテスト」が行われました。午前の部とは対照的に、高校生や大人の方の参加が多く、10名でコンテストを行いました、皆、真剣な様子で作品作りに取り組んでいました。審査の結果、最優秀賞には本校1年生、岩城紫雲さんの作品が選ばれました。これぞ、まさにアートフェスティバル!という素晴らしい作品がたくさんできあがりました。

                                

  次に、ブイを使ったスポーツイベント「ブイリンピック」が開催されました。小学生から高校生まで15名程度の選手が参加してくれました。参加者は「ブイカーリング」「ブイ乗り」「ブイ投げ」「ブイ入れ」の4種目での総合優勝を目指し、熱戦を繰り広げてくれました。優勝は本校2年生、西川陸君でしたが、準優勝と第3位に小学生が入賞するなど、白熱しながらも楽しい競技にすることができました。

                                

  これらの行事と平行して、二名津の空き地では、漂着物であるカキ養殖のパイプを使ってメインオブジェを制作しました。高さ約3メートルの支柱に1日かけてパイプを貼り付けていきました。地域の方に協力していただき、1930分には点灯式が行われました。点灯に先立ち、垣内さんと西川君がこのイベント、地域に対する熱い思いを語ってくれました。カウントダウンの後、照明が付けられたときには大きな歓声が上がりました。

h29_8_11_9.jpg h29_8_11_10.jpg

                                

 地域の方からも「高校生が町の中で活動してくれると賑やかでいい」「ぜひ、来年もやってください」と温かいお言葉をいただきました。今回のイベントを単発で終わらせるのではなく、持続可能なものにしていくことができるよう、しっかり振り返りを行い、来年はさらに多くの人に楽しんでいただけるイベントにしていきたいと思います。

 参加してくださった皆様、準備・運営に御協力いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

来年、パワーアップした漂着物アートフェスティバルでまたお会いしましょう!


「漂着物アートフェスティバル」の様子が8月13日付の愛媛新聞に掲載されました。新聞記事はこちら(掲載許可番号G20180501-04375)


●9月20日(水)
 
5・6限目は、2・3年生合同の総合的な学習の時間でした。
 今学期は、三崎の魅力をもっと知ってもらうことを目標に、「商品開発」「情報発信」「イベント」の班に分かれて、班ごとにやってみたいことを話し合い、計画をし、実際に地域での活動を行ってきました。
 今回の授業では各班の活動の中間発表を行いました。
 商品開発班では、苔アート・みっちゃん大福の広告・耕作放棄地の活用について
 情報発信班では、アプリの開発・ラインスタンプの作成・ツアーガイド・パンフレットの作成について
 イベント班では、夜店や町内のイベント時に出店・ゆるキャラ作成・苦手克服塾・ブイアートコンテストの取り組みについて各スライドや実際に制作したものを用意するなど趣向を凝らした発表をしました。
 計画したことを実際にやってみたことで、高校生である自分たちの出来ること、また地域の方の協力を必要とすることがあることに気づけたのではないかと思いました。
 各班、まだ取り組みの最中です。発表を通して、他の班や先生からアドバイスや感想を交換し、残りの時間でもっともっと現実的で素敵な活動が出来るのではないでしょうか。
 また、発表の最後に本校の卒業生が見に来てくださり、感想を下さいました。
 自分の地元を離れたり地域おこしとは関係ない仕事をしていても、地元のためになる活動が出来るというお話が印象的でした。
 大人になったときに帰ってきたいなと思えるふるさとを自分たちの手で作って行けたらいいですね。

h29_9_22_1.jpg h29_9_22_3.jpg

                                h29_9_22_4.jpg

                                h29_9_22_6.jpg