みさこう日記

四国高等学校卓球選手権大会

6月18日~20日に香川県坂出市で四国高等学校卓球選手権大会が開催され、2年生の安原僚太郎君がシングルスに出場しました。

安原君は、本年度の南予総体シングルスで優勝し、インターハイ出場を目指して県総体に出場。残念ながらインターハイには届きませんでしたが、愛媛県代表としてみさこうだけではなく、愛媛県の代表選手として四国大会に出場しました。

組み合わせは、初戦から徳島県チャンピオンの第一シードの選手に当たるという厳しいものでしたが、練習パートナーの3年生渡邉隼也君と現地でもしっかり調整をし、本番を迎えました。

格上の相手に対して相手によく健闘しましたが、
7ー11、10ー12、8ー11の0ー3で敗れました。


安原君が先手を取って攻める展開が多く、随所に好プレーもありました。特に2セット目は10ー8とリードしていましたが、さすがは第一シード。上手くしのがれ、ストレートで敗れました。


金曜日の全校壮行会も含め、みさこう全員の応援を力に最後まで諦めることなくプレーすることができました。これまでの卓球人生で、あれほど感動的な壮行会を開いてもらったことはなく、本当に力になったと言っていました。

この後も、全国大会出場を目標にチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。
応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。